コーティングをしてキレイにする│自動車を守るためには業者を頼る

鍵

サブメニュー

ヘコみを直すには

走っている車

自動車のボディのある箇所がヘコんでしまった場合は、修理業者に依頼して確実に直してもらいましょう。修理業者ではデントリペアという修理を行なっている所がありますので、この方法を行なっている所でヘコみを直すようにしてください。デントリペアとは自動車にできたヘコんでいる箇所を特殊な工具を使用して直す方法で、正式にはペイントレスデントリペアといいます。この方法はヘコみを直すために塗装修理をしたり、板金やパテを使用したりせずに修理しますのでその分安い費用で修理することができるのです。ヘコんでいる箇所の裏側から特殊な工具を使用して、テコの原理を用いてヘコみを押し上げて修理します。裏側から修理を行なうデントリペアでは、ヘコんでいる箇所に塗装をする必要がないのでその箇所だけ色が変ということはないでしょう。自然な仕上がりにすることができるため、ヘコみを修理をするためにこの方法を取り入れている業者で修理を依頼する人が増えています。デントリペアには修理にかかる費用が安いというメリットだけでなく、修理にかかる時間が短くおよそ30分で仕上がるのです。修理を依頼したその日に直すことができますから、自動車を預ける必要はありません。様々なメリットがありますが、デントリペアはあくまでヘコみを直すだけの修理なので塗装が剥がれている状態の修理は行なうことはできないので注意してください。また、全ての業者がこの方法を行なっている訳ではないため、修理を依頼する際は事前に業者がデントリペアを取り入れているかチェックしましょう。